ベントグリーンを夏越しさせる9つのSTEP ~ 『STEP 3』

STEP 3 【梅雨】

「衰退を防ぎ、夏に備える」:窒素と土壌のコントロール

● いよいよ梅雨入り。 
 夏目前、最後の準備の時期ですが、実は多くの課題を抱えた季節です。

気象・芝・土壌の状態

・ 梅雨=比較的温度が高く、日射量が少なく、雨が多い
・ 土壌有機物の分解による「窒素暴発」が起きやすい
・ 温度と窒素と水分と低日射で、刈草が増えやすい
・ 呼吸の増大・刈草の増加に伴い、貯蔵養分は減少
・ 土壌酸欠による根の活性低下が起きやすい

管理目標=夏に向けて、根の活性と光合成を保ち、貯蔵養分の消耗を抑える

夏を目前とした、最後の準備の時期、
けれど次のような多くの課題があります。
・土壌有機物の自然分解による窒素暴発が起きやすい
 (特に有機物が多く湿ったグリーン=微生物増殖に好適)
・やや高めの温度+豊富な水分+照度不足(+窒素暴発)で、
 葉が過剰に生長し、刈り込みによる炭水化物の収奪が起こりやすい
・低日射による光合成の低下と葉の収奪が重なると、貯蔵養分が急激に消耗、
 炭水化物が欠乏すると根の活性が下がる
・芝草の世代交代によるサッチ増加で、土壌透水性が下がりやすい
・土壌過湿による土壌酸欠で、根の活性が低下し、光合成がさらに下がる
・根の活性低下で、葉身のカリウムが不足、ストレスに弱くなる
・低日射と雨で芝が軟弱化し、病害にもかかりやすくなる

管理作業のポイント

葉身窒素・貯蔵養分・カリウムのレベルを確認しながら、
土壌も整え、ベントの衰退を防いで夏に備えることが必要です。

【ポイント1】 葉身窒素のコントロールで光合成を維持、徒長を防止
・窒素不足による光合成低下と、窒素過剰による徒長を避ける
 (葉身窒素レベルの厳密なコントロール)
・貯蔵養分レベルで、炭水化物収支を確認する
・Mg・Kなどの光合成および炭水化物代謝関連要素も高く保つ

【ポイント2】 根の活性に注意し、不足しがちな葉身のカリウムを保つ
・充分なカリウム施肥・サイトカイニン含有資材の施用
・葉身のカリウム含量の急激な減少は、根の活性低下のしるし

【ポイント3】 土壌の水はけと通気の確保
・適切な更新作業で、根への酸素供給を確保する
・土壌表層の酸欠には、軽いスパイキングなどによる酸素供給(ベンティング)も有効

【ポイント4】 芝の健康度のアップ
・カルシウムで硬く丈夫な茎葉を作る
・病害に対する全身抵抗性を誘導するキトサンなどを与える
・適切な施薬で、病害虫によるダメージを防ぐ

【葉身分析のポイント】
・Nは4.0~5.0%にコントロールし、光合成や炭水化物収支を最大化する
・Kは2.5以上を目指し、急激な低下(=根の活性低下)に注意する
・フルクタンは15mg以上、炭水化物収支がマイナスにならないことを目指す。

この時期のおすすめ資材・機材

【ニュートリDG DGサマー (ミューテック100%)】
 肥効をシミュレーションしながら、緩効性粒状肥料で、
 梅雨の窒素のベースを作る

【K-ビルダー (7-2-21 緩効性メチレンウレア50%)】
 緩効性液肥で窒素を微調整、同時にカリも充分に与える

【KとMgを補給 ニュートリDG Kプラス、シェイプアップ】
 不足しがちなカリウムを補給、マグネシウムで光合成を維持

【スパイクタイン、スパイカーシーダー、マレード V-スパイカー/コアラ―】
 土壌表層へのベンティングで、土壌酸欠を防止、根の活性を維持

【根の活性低下にサイトカイニン含有サプリメント剤 Foltec The ZEN】
 海藻抽出物と抗酸化ビタミンで、ストレス下のベントの活性をアップ

【吸収の良い有機酸カルシウム液肥 リキッドカルシウム】
 Ca剤+キトサン剤で、芝の軟弱化を抑え、全身抵抗性を高める

梅雨の窒素コントロールと高カリウム管理に

【ニュートリDG DGサマー】<br />  13-0-26 ミューテック100%<br /> <br /> 【グロースプロダクト Kビルダー】<br />  7-2-21 緩効性メチレン尿素50%

【ニュートリDG DGサマー】
【グロースプロダクト Kビルダー】
梅雨入り前に緩効性粒状肥料でベースを作り
カリ含量の高い緩効性液肥で窒素を微調整

不足しがちなカリウムを補給、マグネシウムで光合成を維持

ニュートリDG Kプラス ・ シェイプアップ

【ニュートリDG Kプラス】
 N-P-K=0-0-25 + Mg 4.0% ・Mn 3.0%
 SGN 75(粒径 0.75㎜) 
 高カリウム25%の粒剤で、カリウムを大量投与
 マグネシウム・マンガンで光合成をサポート

【シェイプアップ】
 N-P-K=0-0-26 +Mg10% 
 カリ26%とマグネシウム10%と重炭酸イオン
 含有液肥で、光合成を促進。 
 梅雨時の葉身カリウム低下への補給に最適。

梅雨のベントグラスの軟弱化を抑え、全身抵抗性を高める

・吸収の良い有機酸カルシウム<br /> ・節間を短く葉を密に、固く丈夫な芝に<br /> ・根の伸長を促進し、耐乾性を向上<br /> ・ストレス耐性を改善<br /> ・水溶性キトサンを配合、Caその他のミネラルの芝草への吸収を促進<br /> ・芝草の生体防御作用を強化、病害抵抗性のアップ

カルシウム+キトサン剤
【サントーク® リキッドカルシウム】

根の活性を維持するサイトカイニン含有資材

※サイトカイニンは根で作られる植物ホルモンで、根から葉に送られ、葉の光合成を維持する働きがあります。

【Foltec  The ZEN】

・海藻抽出物に含まれるサイトカイニン様物質が、根と光合成の活性を維持
・根の活性低下に伴う、葉身中カリウム低下への対処に
・ストレス下のベントグラスを助ける多様な サプリメント類を含有
  ・海藻抽出物( Ascophyllum nodosum
  ・抗酸化物質(ビタミン類)
  ・アミノ酸類・糖類
  ・微量要素