リサイクルドレッサー

リサイクルドレッサーとは

「リサイクルドレッサー」は、3種の刃でスリッティング(溝切り)エアレーションを行うと同時に、床砂を掻き出しトップドレッシング(目砂)として再利用する機械です。現存の床砂を目砂として再利用することで、管理コストを削減できます。また、通常の目砂散布による芝生面の上昇を最小限に抑えることができます。
砂で造成された芝生地、特にグラウンドレベルの維持管理が重要となる陸上競技場にお勧めの作業です。

施設管理でお困りの方、まずはお気軽にご相談ください。

  • それぞれ役割の異なる4種類の刃が床砂の掻き出しとスリッティングを行います

  • 施工深度を変えることで、掻き出す砂の量は調整可能です

  • 施工後はブラシやスチールマットで擦り込むだけで簡単、且つ、廃棄物も出ません

特徴

・エアレーション(スリッティング)と目砂散布を同時に行えます

・スリッティングで排水改善効果があります

・コアリングに比べ、作業が短時間で行えます

・コアリングに比べ、後作業が簡単です

・コアリングに比べ、廃棄物が出ません

・目砂購入費用が削減できます

・芝生面の上昇を抑えます

仕様について

作業幅:1600mm

砂掻き出し刃(厚さ):8mm

砂掻き出し刃(間隔):300mm

砂書き出し 深度:100-170mm

スリッティング刃(厚さ):4mm

スリッティング 間隔:75mm