校庭緑化

当社がお手伝い出来ること

1.土壌調査

土壌物理性・化学性をチェックし芝生のグラウンドに適応しているかどうかを判定します。

大幅な改良が必要な場合、芝生グラウンドを良好に維持するための床構造・基盤構造をご提案します。

2.基盤土壌のご提案

試験結果をもとに基盤改造を行います。
排水システム、散水システムの完備や、排水が良好になるように床を砂に改良するなどがこれにあたります。

3.芝草の選定

該当する地域・水源の有無・使用頻度・使用目的・管理水準などによって最も適した草種・品種をご提案します。

・ 寒地型芝草(ケンタッキーブルーグラス、トールフェスク、ペレニアルライグラス ほか)

・ 暖地型芝草(ノシバ、コウライシバ、バーミューダグラス、ティフトン419 ほか)

・ ウインターオーバーシーディング(寒地型芝草と暖地型芝草を冬・夏で切り替える方法)

4.造成

張り芝や播種によって芝草面を施工します。

・ 播種による造成方法

・ 張り芝による造成方法

・ TGCビッグロールによる造成方法

・ 筋植えによる造成方法

5.管理作業請負

日本最高レベルの技術スタッフによってコンサルティング、管理指導を行います。
更新作業や播種作業などの専門作業の請負や作業全体の請負も行っています。