肥料 機械 工事 管理 メンテナンス
農薬 種子 校庭緑化 芝生資材

東洋グリーン株式会社と東洋メンテナンス株式会社は
2016年3月1日をもって合併し、
「東洋グリーン株式会社」として新たに歩んでいきます。

詳しくはこちら 〈会社概要

現在、HPリニューアル準備中です。
※取り扱い品目は変わりませんので、ご入り用のページにお進みください。

 

東洋グリーン東洋メンテナンス

News

■東洋グリーンと東洋メンテナンス合併に関するお知らせ(3/1)
詳細はこちら

 

■株主の変更及び合併に関するお知らせ(1/26)
詳細はこちら

 

■ 新年、明けましておめでとうございます。(社長ご挨拶

 

■ 【2015ジャパンターフショー】が開催されました(10/23)
10月21日、22日に味の素スタジアム(味スタ)にて開催されたジャパンターフショーには、たくさんの方々にご来場頂き、成功裏に終了いたしました。
ゴルフ場やスポーツフィールドなどの芝草に関する管理機械、資材の展示を行った弊社ブースにも多くの方々がお立ち寄りいただき、同時開催のプライベートセミナーも熱心にご聴講頂きました。
ありがたく心より厚く御礼申し上げます。

 

■〈東洋メンテナンス通信〉(8/13)

きらら浜 山口県 第23回世界スカウトジャンボリーの緑化事業で当社の芝種子が 使用されました!
東洋メンテナンス通信詳細

 

■コース管理スタッフの募集(急募)を掲載しました。(5/22)
詳細はこちら

 

■東洋グリーン芝草セミナー第20回大会開催(2/15)
1月28,29日の2日間、日本橋劇場(東京都中央区)にて開催しました。(過去履歴はこちら
暖地型芝草と寒地型芝草が共に利用されるトランジッションゾーンの芝草管理と、芝生の葉1枚までの環境を考える微気象がテーマでした。

 

■<東洋メンテナンス通信>(1/28)
早いもので今年も1か月が過ぎ、2月がすぐそこに。
多くの方が、新年度の更新作業について検討されていることと存じますが、いかがでしょうか。
 深さ45cmまで穴を空けられる「ドリルエアレーション工法」や、深さ20cm近くまで砂を充填できる「ドライジェクトマキシマス工法」について、お問い合わせや、施工日程調整のご相談件数も増えてまいりました。
ドリルエアレーション工法」や「ドライジェクトマキシマス工法」をご検討中の方、グリーンの排水不良でお困りの方は、ぜひ、東洋メンテナンスまでお問い合わせください。

 

■ 新年、明けましておめでとうございます。 (社長ご挨拶)

 

■MLBのクォリティーを実感!! 施工管理技術ワークショップを開催(12/9-13)
東洋メンテナンスは、メジャーリーグのマウンドに使用されている資材の理解を深めて頂くため、東京・名古屋・大阪で「施工管理技術ワークショップ」を開催いたしました。
アメリカ・プロファイル社より講師をお招きし、メジャーリーグのマウンドに使用されているマウンド整形用資材「マウンドマスターブロック」、「プロフェショナルマウンドクレイ」や「プロリーグ」、雨対策資材「クイックドライ」などをご紹介。各製品の採用事例や施工方法を説明させていただきました。
各地から野球グラウンドに係る方々が多く参加され、熱心に情報の収集しておられました。

 

■東洋グリーン株式会社 創立記念日(12/1)
東洋グリーンは12月1日、創立45周年を迎えました。
これもひとえに皆様方のご厚情の賜物と、心より厚く御礼申し上げます。

 

■「ベントグリーンを夏越しさせる8つのステップ」を「9つのステップ」に更新中 (9/22)

弊社の技術を結集した「葉身分析」。その膨大なデーターと、長年芝生の管理・研究に携わってきたノウハウから導き出された「ベントグリーンを夏越しさせる8つのステップ」。

今、さらなる知識を加え「9つ」にステップアップします。

 

■<東洋メンテナンス通信> (9/6)
関東地方ではお盆以降、比較的涼しい日々が続いています。雨が多い地域ではグリーンに藻が多発し、苦労しているコースも多いようです。
「このまま秋に向かうのか!? 暑さのぶり返しがもう一度あるのか?!」は、何とも言えませんが、お彼岸までは気の抜けないグリーン管理が続くのではないでしょうか。
 気温、地温及びグリーンの状態次第にはなりますが、そろそろ秋の更新作業について検討されている方も多いことと思います。コアリングするのは少し危険だが、ムク刃ではもの足りないとお考えの方、ドライジェクトをご検討されてはいかがでしょうか。
床砂内に高圧の水を打ち込みながら乾燥砂や土壌改良材を同時に充填していきますので、芝生の物理的ダメージを最小限に抑えつつ、床砂内の透水性や通気性を確保することができます。秋のベントグラス回復の一助となれば幸いです。
詳しくは東洋メンテナンスまで!

 

■<製品情報> 

ダイアジノンSLゾル
カプセル剤としてその効果に定評のある、ダイアジノンSLゾルが適用拡大されました。
対象は難防除害虫の「ケラ」です。
使用方法: 250倍 1リットル/u 散布

 

■<新規商品のご案内>(8/8)
芝生用殺菌剤「オブテインフロアブル」を発売致しました。・・・日本芝、葉腐病(ラージパッチ)に卓越した効果を発揮します。

 

種子ニュースレターNo.123 (6/25)
WOS種子の品種選定・・・冬季の芝質かトランジションか

 

■<東洋メンテナンス通信>(6/12)
いよいよ梅雨の季節がやってきました。ベントグラスにとってはストレスを感じ始める季節の到来です。外見上、地上部は活き活きしているように見えても、地下部では多雨の影響を受けて根の生育が鈍化し始めています。
 これからの季節、夏越しに向けてドライジェクト工法を検討されてはいかがでしょうか。床砂内に高圧の水を打ち込みながら同時に乾燥砂や土壌改良材を充填していくので、芝生の物理的ダメージを最小限に抑えつつ、床砂内の透水性や通気性を確保することができます。
 詳しくは東洋メンテナスまで!

 

■<芝草学会にて「学会賞」を受賞>(6/11)

5月30日〜6月1日、福島市において「2014年日本芝草学会春季大会」が開催されました。
初日は芝地関連施設の視察を行い、2日目からは福島大学でシンポジウム、研究発表、意見交換会などが行われ、多くの方々が参加されました。 
2日目の総会において弊社は、「葉身分析によるクリーピングベントグラスの越夏性技術の普及」により芝草界に大きな貢献があったとして、「芝草学会賞」を受賞しました。
これもひとえに皆様方のご理解、ご協力の賜物と心より厚く御礼申し上げます。

 

■<新規商品のご案内>(5/23)

総合微量要素補給剤 「Foltec The ZEN」 を発売しました。

「Foltec The ZEN(フォルテック・ザ・ゼン」は細胞活性化物質を含む海藻抽出物に、各種の微量要素、ビタミン、アミノ酸類、浸透剤を加えた、微量要素の総合補給剤です。
ゴルフコースのグリーン、ティ、フェアウェイ、競技場などで、寒地型芝草・暖地型芝草を問わず、すべての芝草のお使い頂けます。
製品仕様10L ×2(ポリ容器 /段ボール箱入 )  価格 60,000円
お問い合わせは東洋グリーン営業マンもしくはこちらまで。

 

■<新規商品のご案内>(5/20)


芝用殺藻・殺菌剤「ユニゾン水和剤」を発売しました。
成分:ぺンチオピラド4.25%、マンゼブ65%
「ユニゾン水和剤」はグリーンの重要病害に的確な効果が有る成分と、藻に対する効果に定評の有る成分が混合されており、作用性の異なる剤のこの配合は、耐性菌対策にも配慮されています。お問い合わせは東洋グリーン営業マンもしくはこちらまで。

 

■<東洋メンテナンス通信>(5/12)
ゴールデンウィークも終わり、初夏の陽気になってきました。ベントグリーンにおける梅雨時期の長雨対策や夏越し対策に向けて、心配事が増えてきているグリーンキーパー様もいらっしゃるのではないでしょうか。
 土グリーンのベントグラス、特に粘土質で、どんな更新作業を実施しても排水性が全く改善されないグリーンをお持ちのグリーンキーパー様、グラスファイバー製の暗渠排水管を使用する「PCドレーン工法」を検討されてみてはいかがでしょうか。グリーン床土内に砂の壁(サンドカーテン)を設置しながら非開削で暗渠排水管を埋設していきます。
 詳しくは東洋メンテナンスまで!

 

■<新規商品のご案内>(5/5)
芝生用殺菌剤 「インターフェースフロアブル」を発売致しました。・・・ダラースポット病に卓越した効果を発揮します。ストレスガード技術を採用し、夏の厳しさから芝生を守ります。

 

■<東洋メンテナンス通信>(4/22)
東京周辺ではソメイヨシノの花も散り、新緑が目立つようになってきました。関東平野部のゴルフ場ではベントグリーンのコアリングが終了し、コアリングでできた穴に如何にして砂を充填するかで試行錯誤されているグリーンキーパー様もいらっしゃるのではないでしょうか。
高圧の水を利用して砂を打ち込む更新作業機械「ドライジェクト」を使用すると、床砂内に確実に砂の柱を作ることができます。夏に向けての2回目の更新作業として、「ドライジェクト」をご検討されてみてはいかがでしょうか。
お問い合わせは東洋メンテナンスまで!

 

■<Topics> 芝人(しばんちゅ)第1期生5名の研修が終了 (4/21)
一昨年から沖縄県が推進し、弊社が全面的な協力を行ってきた芝人養成事業で修了式が行われました。
第1期生5名に、Jリーグの高度な要求に応えることができる技術の習得を終えたとして、修了証書が授与されました。
観光立県である沖縄県。快適な芝生環境の整備によって各種スポーツの開催や冬季キャンプをより多く誘致し、一層の観光客増加を目指しています。
1期生やその後に続く「芝人」に対して大きな期待が持たれています。弊社、山田社長もこの修了式に参列し激励の言葉を送りました。

 

■<Topics>フクアリに新しい施設がオープンしました。 (4/15)
今年4月にフクアリ(フクダ電子アリーナ)の新しい施設「フクダ電子フィールド」が完成しました。 

蘇我スポーツ公園として、フクアリ、フクダ電子スクエア(人工芝2面)、フクダ電子ヒルスコート(テニスコート20面)に次ぐ新しい施設です。(概要図PDF

この第一多目的グランドの特徴は、利便性を考慮しあえて土で作られたことです。 来年以降、野球場6面の第2多目的グランドも造成予定です。

野球場とサッカーの利用は自由です。ナイター設備はありませんが、利用料金は低く設定されています。(利用案内PDF

ごの機会に、ぜひご利用ください。

4月6日にはオープニングセレモニーが盛大に行われ、共同事業体として管理運営に参画する弊社の山田社長が各界著名人の方々と共に参列いたしました。

 

■ <東洋メンテナンス通信>(4/12)
ソメイヨシノの開花の便りも届き始め、本格的な春の到来を感じる今日この頃、グリーンのベントグラスだけでなく、フェアウェイのコウライシバが動き始めたコースもあるのではないでしょうか。
深さ45cmまでの深層エアレーション「ドリル工」は、フェアウェイの生育不良箇所に対しても非常に高い効果が得られることが分かってきました。グリーンばかりでなくフェアウェイの状態が良くなると、コース全体の印象が一気に良くなってきます。
いつもフェアウェイの生育不良でお困りのグリーンキーパー様、ここは思い切ってフェアウェイにおける「ドリル工」を検討されてみてはいかがでしょうか。
お問い合わせは東洋メンテナンスまで!

 

種子ニュースレターNo.122 (3/31)
ブレンド種子の力 … 推奨は「962+バラクーダ」・「962+L-93」

 

■ <東洋メンテナンス通信>(3/26)

ソメイヨシノの開花の便りも届き始め、本格的な春の到来を感じる今日この頃、グリーンのベントグラスだけでなく、フェアウェイのコウライシバが動き始めたコースもあるのではないでしょうか。

深さ45cmまでの深層エアレーション「ドリル工」は、フェアウェイの生育不良箇所に対しても非常に高い効果が得られることが分かってきました。グリーンばかりでなくフェアウェイの状態が良くなると、コース全体の印象が一気に良くなってきます。

いつもフェアウェイの生育不良でお困りのグリーンキーパー様、ここは思い切ってフェアウェイにおける「ドリル工」を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせは東洋メンテナンスまで!

 

■ STRI(Sports Turf Research Institute)と業務提携しました(3/19)
このたび弊社は、STRI(英国 ウェストヨークシャー州)と業務提携することで合意しました。
日本国内で行われる主なスポーツトーナメント、スタジアムの芝生の維持管理や工事に対し、包括的なコンサルテーション、機材提供、造成と維持管理、情報の共有と提供をすることで、芝生のユーザーに最先端の技術と世界レベルの最高のクオリティーを提供いたします。(プレスリリース)

 

<新商品のご案内> 有機肥料 ニューエンペラー (2/27)
ニューエンペラーは食品工場の食品残渣100%を主原料にし、特殊菌体やミネラルを加え、発酵処理した新しいタイプの有機肥料です。
製品
・ニューエンペラー スタンドード  6-7mmアンダー
・ニューエンペラー デラックス   2-3mmアンダー
規格
・15s(ポリ袋)、500s(フレコンバッグ)

 

種子ニュースレターNo.121 (2/27)
ついに登場! 炭疽病に強いベントグラス 「バラクーダ」

 

■<東洋メンテナンス通信>(2/23)

関東や東海では記録的な大雪により、多くのゴルフ場で除雪作業に追われたのではないかと思います。茨城県で予定していました今年第一号となるドリル施工も、雪の影響でやむなく延期となってしまいました。
さて、雪のときにはわかりにくい様ですが、この時期には降雨時に排水不良箇所が顕著に表れることがよくあります。冬に水が浮いてしまうグリーンと、夏に落ち込んでしまうグリーンが一致するコースも少なくない様です。今春にドリル等の特殊な更新作業を行うことによって排水不良を少しでも改善し、夏に備えてはいかがでしょうか。
お問い合わせは東洋メンテナンスまで!

 

■東洋グリーン芝草セミナー第19回大会を開催(2/3)
1月22,23日の2日間、日本橋劇場(東京都中央区)にて開催しました。(過去履歴はこちら
今回は、殺菌剤プログラムの進化、バミューダグラスの病害、芝生の評価、STIRとの交流など今後を見据えた盛りだくさんの内容となりました。 

 

■<東洋メンテナンス通信>(1/ 29)
グリーンの排水不良箇所をドリル工法で改善施工をする場合、不良箇所を部分的に施工希望される方が居られます。
もちろんそれでも効果は有るのですが、不良箇所だけでなく、グリーン全体を施工するほうがより高い効果を期待できます。
ドリル工法を検討される際、思い出してご検討いただけると幸いです。
お問い合わせは、東洋メンテナンスまで!

 

■<東洋メンテナンス通信>(1/13)

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

年が明け、新年度の年間管理計画はもちろんのこと、多くの方が春の更新作業について検討されておられることと存じます。

深さ45cmまで穴をあけられるドリル工法へのお問い合わせや、施工日程調整のご相談件数も増えてまいりました。ドリル工法をご検討されている方は、お早めに東洋メンテナンスまでご連絡をお願いいたします。

 

■新年、明けましておめでとうございます。社長ご挨拶(2014年1月1日)

 

■≪東京ミッドタウン≫ が都市のオアシスに認定されました(12/24)

 公益財団法人 都市緑化機構は、企業が所有する東京都内の緑地から認定緑地『都市のオアシス』15箇所を初めて決定し、 2013年度の『都市のオアシス』のひとつに ≪東京ミッドタウン≫ が認定されました。 (認定式は平成25年10月23日・同機構のホームページ、および東京ミッドタウンプレスリリースをご参照ください)

 

  弊社グループ・東洋メンテナンス鰍ヘ、≪東京ミッドタウン≫の公開空地(港区立檜町公園を含む緑地)の維持管理のお手伝いをさせて頂いています。 近くにお出かけの際は都市のオアシス≪東京ミッドタウン≫にお立ち寄りください。

 

■<東洋メンテナンス通信>(12/18)

グリーンの床砂に問題がある場合、その問題となっている点を正確に把握して改善策を検討する必要があります。来年のグリーンコンディション向上のために、グリーンの土壌調査をされてはいかがでしょうか。調査結果を基に、最適な更新作業をご提案させていただきます。 お問い合わせは東洋メンテナンスまで!

 

■<東洋メンテナンス通信>(12/ 2)

グリーンの排水不良でお困りの皆様、グラスファイバー製の暗渠排水管を使用した簡易型暗渠排水工法「PCドレーン工法」を試してみてはいかがでしょうか。

毛管作用で土壌中の余剰水を吸引し、速やかにグリーン外へ排水することが可能です。

お問い合わせは東洋メンテナンスまで!

 

■<東洋メンテナンス通信>(11/22)
11月14日、15日にフクダ電子アリーナにて「2013ジャパンターフショー」が開催されました。おかげさまで、弊社展示ブース及びプライベートセミナーには多数のお客様が御来場くださいました。ありがとうございます。心より御礼申し上げます。

 

■<東洋メンテンナンス通信> (10/21)
芝にとって過酷な気候だったこの夏、グリーンの排水不良でお困りだった皆様、
深さ45cmまで穴をあけられる“ドリル工法”で、グリーンの排水不良改善を試してみてはいかがでしょうか。
徐々に悪化してきた深層土壌の排水性を改善し、芝を育てるという土壌本来の役割の復活を目指します。
御見積、デモの御依頼、その他 お問い合わせ は 東洋メンテナンスまで!

 

■2013ジャパンターフショーが開催されます(10/18)ガイドブック(Download)
開催日時: 2013年11月14日(木)〜11月15日(金)
会場 :フクダ電子アリーナ(千葉県千葉市)

JGIA(全国ゴルフ場関連事業協会)主催の芝草管理機・資材展示会です。
出展各社によるプライベートセミナーも行われます。

弊社展示ブースでは、バーチカッタースパイカー/シーダーをはじめとする芝草管理機械のほか、ドライジェクトPCドレーン工法などの新しい土壌改善工法の機械展示も行います。
また、プライベートセミナーでは2つの講演をお届けしますので、ぜひご来場ください。

@3社併売ベントグラス「バラクーダ」のご紹介と使用事例
Aグリーンの生育環境を整える〜床土環境の視点から〜
(「ドライジェクト」「PCドレーン工法」のご紹介)

プログラム他、詳しくは下記をご参照ください
http://www.jgia.org/

 

種子ニュースレターNo.120(PDF) (10/8) 

播種機器の目盛調整は作業の度に行ないましょう。

 

■芝生用除草剤 「スペクタクル フロアブル」を発売致しました。
・・・少薬量・長残効の新しいタイプの土壌処理剤です。(7/25)

 

種子ニュースレターNo.119(PDF) (5/29) 

『バラクーダ』…ゴルファーを満足させる耐病性ベントグラス

 

■総合カタログ2013 (5/10)

東洋グリーングループの総合カタログ2013をお届けしています。

ご入用の方は、営業担当者までお申しつけください。

東洋グリーン 総合カタログ2013

 

 

■クールビズを実施しています
東洋グリーングループは、本年も節電および地球温暖化対策の一環としてクールビズを実施しています。
「夏季軽装」、「冷房温度の緩和」、「休息時の消灯」などを行っております。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
実施期間 : 平成25年5月1日〜平成25年10月31日

 

■<新規商品のご案内>
クリーピングベントグラス 「バラクーダ」 を発売します・・・きめ細かなターフが病気に強くなりました!!(4/3)

 

■東洋グリーン芝草セミナー第18回大会を開催(2/17)
日本橋公会堂(東京都中央区)にて、1月23,24日の2日間にわたり開催しました。
(過去履歴はこちら

 

種子ニュースレターNo.118(PDF) (1/9) 

グリーンキーパーの視点・・・芽数の推移に注目!

 

■弊社グループは、『2013 MITSUKOSHI GOLF FESTA 』に協力しています。
東京、日本橋三越本館1階 中央ホールの展示スペースの芝生は「962」クリーピングベントグラスです。
(中央ホールの展示期間は、1月16日(水)〜22日(火))

 

■新年、明けましておめでとうございます。 社長ご挨拶(2013年1月1日)

 

■東洋グリーングル―プは、12月5日に佐賀競馬場に於いて開催された、九州ゴルフ連盟主催の「2012グリーン管理者大会」に出展しました。
(出展品のご紹介) 

 

■東洋グリーングル―プは、10月24,25日に万博公園に於いて開催された「芝地用管理機械・資材総合展示会」に出展しました。
(出展品のご紹介)

 

■<新商品のご案内>
池用着色剤 ブラックオニキス(Black Onyx) を発売しました。・・・水を暗色に着色することで鏡のような水面を作り、周辺の景観を鮮やかに映し出します。

 

■<新商品のご案内>
芝生用着色剤 エレガントカラー XD を発売しました。・・・冬のプレイゾーンを鮮やかに!

 

種子ニュースレターNo.117(PDF) (9/29) 

 葉身分析の値に現れる夏場のベントグラスの回復

 

種子ニュースレターNo.116(PDF) (9/20) 

 「962」インターシーディングで夏場に芝密度が向上

 

種子ニュースレターNo.115(PDF) (7/4) 

 「962」のインターシーディングで期待できる効果

 

種子ニュースレターNo.114(PDF) (6/18) 

 暑さに強い「962」の底力は芽数の回復力にある

 

種子ニュースレターNo.113(PDF) (5/25) 

 根に酸素を供給するベンティングの効果

 

種子ニュースレターNo.112(PDF) (4/24) 

 コアリング跡から素早く戻る!「962」

 

種子ニュースレターNo.111(PDF) (3/22)
 今年の米国ゴルフインダストリーショーの教育プログラムで、初めてインターシーディングが講義で取り上げられ、日本の技術は世界に先駆けているとして、東洋グリーンの方法が紹介されました。

 

種子ニュースレターNo.110(PDF) (3/14)
 暑さに耐えるだけでなく、暑さの中で回復する「962」

 

■2012ジャパンターフショー 芝草管理セミナー IN 埼玉が開催されます
開催日時: 2012年4月4日(水)〜4月5日(木)
会場 :入間市産業文化センター

JGIA(全国ゴルフ場関連事業協会)主催の、芝草を管理する実務管理者を対象とした、最新の管理技術などのご紹介です。
今回も、管理機械・作業、病害虫雑草防除、カートなどの基本的な知識から、
出展各社によるプライベートセミナーまで、多様な内容が予定されております。

弊社もこれに参画し2つの講演をお届けいたします。
プライベートセミナー
@東洋グリーン殺菌剤プログラム2012
A肥効シュミレーションツールと葉身分析による施肥の「最適化」

プログラム他、詳しくは下記をご参照ください
http://www.jgia.org/

 

■2012 Japan Turf Show , turfgrass management seminar in Saitama, will be held
by JGIA, Japan Golf course Industry Association.

Dates: April 4 (Wed)  - April 5  (Thursday), 2012
Venue: Industry and Culture Center, Iruma

This seminar will Introduce the latest management technologies for the turf
administrators, as well as the basic turf management issues.
In this time, basic seminars about turf machinery and turf management,
pest and weed control, Golf cart, and the private seminars by the exhibitors
are scheduled.

We will deliver two seminars in this show;

TOYO GREEN Private seminar
1) TOYO Green fungicide program 2012
2) Optimizing your fertilizer program with TNT fertilizer simulation tools
and leaf tissue analysis by NIR.

Other programs, please see below for details
http://www.jgia.org/

 

■明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
ブログ、更新しております。ぜひご覧ください。 (1/8)
http://blog.toyo-green-group.com/

 

種子ニュースレターNo.109(PDF) (11/25)
 芝生の品種は、いったい何種類あるのだろうか?・・・・・1980年代から1990年代、芝生先進国のアメリカでは好景気による宅地・ゴルフ場開発ブームを背景に寒地型芝草の育種が盛んに行われ、クリーピングベントグラスとペレニアルライグラス、・・・・・

種子ニュースレターNo.108(PDF) (11/04)

 温暖化の影響・・・北日本で夏の厳しさが増す

 

■東洋グリーングループのブログがご好評を頂いています(11/04) 
 芝の話あれこれ、ちょっと気になる今のグリーン、花や虫、ちょっと脱線・・・ 是非お立ち寄りください

 http://blog.toyo-green-group.com/

 

種子ニュースレターNo.107(PDF) (10/14)

 雪腐病やピシウム病にベントグラスの芽生えが狙われている

 

種子ニュースレターNo.106(PDF) (9/27)

 ペレニアルライグラスのグレイリーフスポットはどこからやって来るのか

 

種子ニュースレターNo.105(PDF) (9/12)

 コーティング種子 ・・・ その損得勘定

 

種子ニュースレターNo.104(PDF) (8/23)

 郷原カントリークラブ ・・・ グリーン改造で「962」を採用

 

種子ニュースレターNo.103(PDF) (8/9)

 耐暑性ベント「962」日本からアジア諸国へ

 

種子ニュースレターNo.102(PDF) (7/25)

 暑さに勝る「962」 新沼津カントリークラブで採用

 

ニュースリリース(PDF)(6/19)

中国海南島のゴルフ場へのグリーンキーパー派遣をスタート

-中国大手ゴルフ場開発会社との戦略合作合意後初めての具体的案件-

東洋メンテナンス株式会社(東京都中央区、代表取締役 山田孝雄、以下東洋メンテナンス)は、海南海島高尓夫投資有限公司(中華人民共和国海南省海口市、董事長 胡瑞妹、以下 海南海島高尓夫)との間で先に(2010年12月22日)締結した「中国に於けるゴルフ事業に関わる戦略合作合意」に基づき、4月25日、海南海島高尓夫が中国海南島に所有するゴルフ場へコース管理業務を指導・アドバイスするためグリーンキーパーを派遣する契約を締結し、5月1日より現地にて業務を開始致しました。

News Release(PDF)(6/19)
Advisory activities on golf course maintenance have started in China, an experienced superintendent being recently dispatched to Hainan province.
It is the first concrete project of the strategic cooperation agreement with a Chinese golf course development company.

 

種子ニュースレターNo.101(PDF) (6/15)

 「962」のインターシーディングでペンクロスのアントシアン斑を隠す

 

種子ニュースレターNo.100(PDF) (5/27)

 弊社の商品情報提供の取り組み ・・・ 種子セミナー開催

 

種子ニュースレターNo.99(PDF) (3/29)

 雑草対策 ・・・ 春の防除時期の見極めは慎重に!

 

■3月11日(金)の東北地方太平洋沖地震、ならびに中越・長野地区での強い地震により、被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

地震発生に伴い運送業者の取り扱い中止などで、弊社からの商品が一部発送出来ない状態にあります。
運送業者の取り扱いが開始され次第の発送となりますが、詳細は順次ご案内させていただきます。
商品到着の遅延などが予測されます事、予めご了承ください。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたします事をお詫び申し上げます。
また、通信網等の断絶・混雑により速やかにご連絡ができない事も重ねてお詫び申し上げます。

尚、弊社におきましては若干の物損被害が出ましたが、社員全員の無事をここに報告させて頂きます。

[2011年3月14日 午前9時現在]

 

種子セミナー開催のご案内(PDF)(2/18)

 

■ @GCSAA 速報 ・・・ ブログに掲載(http://blog.toyo-green-group.com
アメリカ オーランドで開催中の GCSAA 。今年も弊社社員を派遣しています。ゴルフインダストリーショー会場の雰囲気をどうぞ。

 

■ブログ連載中:「そこの温度測り隊」「用語解説」「芝生の形態」「葉身分析センターより」「今年は暖冬!?」「接写チャンネル」その他。(http://blog.toyo-green-group.com

 

■「ニュートリDG ご利用者様アンケート」は終了いたしました。ご協力ありがとうございました。(2/6)

 

種子ニュースレターNo.98(PDF) (1/12)

 耐暑性ベント生みの親 エンゲルケ博士 米国作物学会の学会賞を受賞

 

種子ニュースレターNo.97(PDF) (12/26)

  暑い夏、乾燥害より虫の被害にも注意!

 

種子ニュースレターNo.96(PDF) (12/15)

  芝生の種子の生産技術も日進月歩

 

ニュートリDGご利用者様アンケート実施中(1月末まで)(12/14)

 

東洋グリーン芝草セミナー開催の御案内(12/08)


芝草に関する最新情報を提供すると共に、管理技術の向上に役立てて頂くことを目的とした、東洋グリーン芝草セミナーを開催致します。今回は、米国パデュー大学のビガロウ博士と、オハイオ州立大学のマッコイ博士をお招き致します。詳しくはPDFをご参照ください。PDFダウンロード

 

種子ニュースレターNo.95(PDF) (10/15)

 猛暑の記録を次の対策に活かそう

 

種子ニュースレターNo.94(PDF) (08/27)

 猛暑対策は「守りの管理」に徹すべきなのか!

 

■ブログがオープン!東洋グリーン・ブログの登場です!どんな話が飛び出すか、ご期待ください。(08/07)

 

「ベントグリーンを夏越しさせる8つのSTEP」

 必見!!・・夏のダメージからの回復 Step 6

 

資料配布中

 種子商品案内 <最新号>

 土壌断面から診断する芝生地の更新作業の選択

 お近くの東洋グリーン営業部までお問い合わせください。

種子ニュースレターのバックナンバーはこちら