暗渠排水

暗渠排水工事

コース内における排水不良箇所の改善を目的に、暗渠排水管を埋設して排水改善を図ります。
「水が流れ込む手前で切る」をコンセプトに、暗渠管の埋設ルートを選定して開削工法で暗渠排水管を布設。
埋戻しには砂を使用することで断面で遮水する工法で実施します。

ルート策定・工法決定の手順

①排水不良個所を聞き取り
②現場踏査を実施し、排水不良箇所・勾配・流末排水設備を確認
③管種の決定
④掘削断面の決定
⑤ルート計画の決定

施工手順

  • ①芝切り・仮置き工

  • ②仮設養生工

  • ③掘削工

  • ④暗渠排水管布設工

  • ⑤埋め戻し工

  • ⑥芝張・転圧・目砂工

仕様について

暗渠排水管
推奨管種:トータクドレーンエコφ100㎜
埋設深度:管理者との協議によるが標準断面でD=300㎜の土被りを確保
埋戻し材:現地で調達できる砂
施工速度:施工条件により異なるが最大で200m/日程度