ベントグリーンを夏越しさせる9つのSTEP ~ 『STEP 8』

STEP 8 【晩秋】

「晩秋期施肥」:来年へ向けた養分貯蔵の促進

● 気温は葉の生育適温より低くまで下がってきたが、
  地温はまだ根の生育適温範囲、という時期の対応です

気象・芝・土壌の状態

・ 気温の低下と共に葉の伸びは鈍化
・ 温度低下と共に呼吸も低下
・ まだ根の活動や光合成は続いている
・ 葉の伸びと呼吸という炭水化物消費が減るので
・ 貯蔵養分は最後の伸びを見せる

管理目標= 貯蔵養分の今年最後の蓄積を、晩秋期施肥で最大化する

翌春の動き出しの原動力となる貯蔵養分を貯めこむ「晩秋期施肥」の季節ですが、次のような注意点があります

・葉が伸びないからと施肥を控えて、窒素・マグネシウムなどが不足し、光合成が低下していることがある。
 その解決には晩秋期施肥が有効だが、タイミングが早すぎると葉の生長が過剰になって、炭水化物の消費が増え、貯蔵養分の蓄積ができない。

・温度は刻々と下がり、光合成や根の活性も次第に下がっていく

・晩秋期施肥のタイミングが遅すぎると、光合成が落ちてしまい、炭水化物の蓄積ができない

・温度低下で根でのカリウム吸収が下がり、葉身中のカリウムが不足すると、気孔の開閉が鈍り、光合成が低下する

・晩秋期施肥のN・P・Kの量やバランスを誤ると、耐寒性が下がることがある

管理作業のポイント

晩秋期施肥のタイミングを見極め、窒素・マグネシウム・カリウム・鉄などのバランスを取って貯蔵養分の蓄積を促し、
冬のストレスに備えることが、この時期のポイントになります。

【ポイント1】 晩秋期施肥のタイミングを見極める
・葉の伸びの落ち始め(日平均気温が10℃以下になってから3~5日)がベスト

【ポイント2】 光合成を高める
・酵素や葉緑素に必須な窒素・マグネシウム・微量要素を充分に与える

【ポイント3】 炭水化物代謝を高め、貯蔵養分蓄積を促す
・糖からフルクタンへの合成にはカリウムが必要

【ポイント4】 低温・乾燥・凍結などの、冬のストレスに備える
・浸透圧調節や気孔開閉には、カリウムが必要
・冬季の耐寒性アップと強光障害の防止には、鉄が必要
・フルクタンの蓄積は、耐寒性・耐凍性のアップにもつながる

【ポイント5】 晩秋期施肥の量・バランス・養分形態を見極める
・窒素・マグネシウムを充分に、カリウムも多めに
・根の活性が落ち始めているので、吸収しやすい形態で与える
・窒素・カリウムに対してリンが過剰になると耐寒性が落ちる
・適切な晩秋期施肥が実施できたかどうか、実施後のフルクタン値や刈草の量で確かめる (刈草量が増えずに、フルクタンが増加していれば成功)

【葉身分析目標値】
・無機養分は「秋」と同レベルを維持。
・フルクタンは20mg以上、最後の伸びを促す。

この時期のおすすめ資材・機材

晩秋期施肥の例:
 現在の葉身中の無機養分含量と、温度・地域・ベントグラスの状態に合わせて、資材を選択します。

 【粒状肥料で行う場合】
   ・ニュートリDG (DGオータム または DGベース)
 【液肥で行う場合】
   ・The クラシック (3~5週間ごとに反復)
 【特に寒さの厳しい地域】
  ・ニュートリDG DGベース + フェロメック
 【カリウムの補給】
  ・シェイプアップ、K-ビルダー
 【マグネシウム・微量要素・アミノ酸類の補給】
  ・シェイプアップ、Foltec The ZEN
 【鉄剤で耐寒性アップ・強光障害回避・迅速な色出し】
  ・ユニレイト、フェロメック

晩秋期施肥にも最適 分散性粒状肥料 ニュートリDG

DGオータム
成分:10-5-25 +Mn:0.50% +Mg:0.50%
窒素成分の配合比率は 50%が緩効性のミューテックで、残り50%は即効性。
特にカリウムの比率を上げたV字型で、晩秋施肥に利用可能です。  

DGベース
成分:18-9-18 +Mn:0.14%
窒素成分は 60%がミューテックで、緩効性と即効性とのバランスに優れ、多くの場面で効果的に使用できます。
窒素、カリの高いV字型で全シーズンに利用可能です。

液肥での晩秋期施肥に The クラシック

成分:18-3-6 +微量要素
芝の成長バランスを考えた肥料です。
環境変化への抵抗力を高めるカリウムを多く配合し、グリーンアップを促す鉄を含んでいます。 他の液肥に比べてグリーンアップ効果が高く、窒素成分の40%がメチレン尿素なので効果が長続きします。

晩秋期施肥の時期であれば、葉色のピークは施肥10日後程度で、20日を過ぎた頃から徐々に色あせていきます。 肥効は約30日持続します。

寒冷地でも素早い効果、即効性液肥 フェロメック

成分:15-0-0 +イオウ:4% +鉄:6%
ベントグラスの素早いグリーンアップに最適です。短期間で芝の生長量の急激な増加をさせないで、緑色を出すことが出来ます。

低温条件でも効果の発現が早く、また耐寒性のアップに寄与する鉄も含有しています。 
晩秋期施肥の補助に最適です。

晩秋期施肥に重要なKとMgをしっかり補給 シェイプアップ

成分:0-0-26 +Mg:10% 
水に溶けやすく速効性の弱アルカリ苦土入りカリ肥料です。炭酸ガスを含み、炭酸同化作用を促進し、また、重炭酸イオンが難溶化した肥料養分を有効化します。

晩秋期施肥の命となる光合成を促進し、炭水化物の代謝を維持。 
養分貯蔵の最後の一押しに。