ベントグリーンを夏越しさせる9つのSTEP ~ 『STEP 2』

STEP 2 【春】

「梅雨前に芝と土壌の若返り」:更新作業と施肥

● 春本番、地上部・地下部ともに生育適温で、根も葉も生長が旺盛、光合成能力も高い時期です

気象・芝・土壌の状態

・ 根にも葉にも、生育適温
・ 光合成による豊富な炭水化物で、葉や根も旺盛に生長
・ 回復力が高いので、強い更新作業が可能
・ 刈草が過剰に出たり、葉が暴れたりしやすい
・ 冬の間に土壌に有機物が貯まっていることが多い

管理目標=活性の高い芝草と、通気・透水が良く、窒素暴発しにくい土壌を作る

梅雨の前に、芝草と土壌を若返らせるべきこの時期、
しかし大きな課題があります。
・葉身の窒素が不足すれば光合成が下がってしまうが、
 窒素が過剰になれば葉の過剰生長が起き、
 刈込による炭水化物の激しい収奪や、
 パッティングクオリティの低下を招くので、
 過不足の無い葉身窒素レベルのコントロールが必要
・土壌改善と芝草の若返りには更新作業が有効だが、
 作業後の回復には大量の炭水化物が必要になる
・更新作業が不足したまま梅雨に入ってしまうと、
 土壌酸欠や窒素暴発のリスクが増す

管理作業のポイント

適切な施肥で葉身中の無機養分レベルを過不足無くコントロールして、
炭水化物収支を最適化し、炭水化物を最大限に確保した上で、
必要な更新作業を行なうことが、この時期のポイントになります。

【ポイント1】 葉の窒素レベルを過不足無くコントロールする
・ベースラインを粒状肥料で作り、液肥で微調整する
・制御不能な土壌窒素放出につながる因子(土壌有機物や、
 アンモニアが吸着可能な土壌粒子の空きCECサイト)を減らす

【ポイント2】 バランスのとれた施肥で、光合成と新たな組織形成を最大化
・Mgなどの光合成関連要素や、組織形成に必要なP・Caも充分に与える

【ポイント3】 更新作業の最大のチャンス
・更新作業で、透水性・通気性の高い土壌と、活性の高い芝草を作る
・貯蔵養分は作業後に一時下がるが、芝の活性が高ければ回復する
・ここで土と芝を作っておかないと、梅雨~夏に土壌酸欠や窒素暴発で
 急激に貯蔵養分減少・状態悪化が起きるリスクが高まる

【ポイント4】 更新作業前の施肥で回復を早める
・更新作業後の光合成の落ち込みを防ぐため、作業前の施肥で、
 葉身中の窒素や光合成関連成分を確保しておく

【葉身分析のポイント】
・Nは4.0~5.0%にコントロール
・Mg・微量要素も確保して、光合成や炭水化物収支を最大化する
・新たな組織の形成に必要になるPは0.5%、Caは0.3%以上を確保
・フルクタンは一時的に目標値(20mg)を割っても、
 その後反発すればOKとする

この時期のおすすめ資材・機材

【ニュートリDG DGハイP・DGベース】
 窒素放出の予測が可能な緩効性粒状肥料で窒素のベース作り

【Theクラシック、K-ビルダー、フェロメック、シェイプアップ】
 液肥で葉身中の窒素レベルを微調整、光合成関連要素も補給

【TKOフォスファイト、リキッドカルシウム】
 新たな組織の形成に必要なリンやカルシウムを、吸収の良い液肥で

【グレーデンバーチカッター、コアマスター、マレードVコアラー】
 土壌に合わせた更新作業で、透水性・通気性を確保、有機物を除去

【ニュートリDG Kal-tec】
 塩基飽和度の低い土壌には、Ca・Mg・Kの大量投与で、
 土壌に吸着されているアンモニウムを追い出し、窒素暴発を防ぐ

窒素放出の予測が可能な緩効性・分散性粒状肥料 ニュートリDG

【ニュートリDG ハイP】
窒素のベースラインを作り、大量に必要な栄要素を土壌に補給

 成分:12-24-8+Mn 0.5%・Mg 0.5%
 窒素の50%が緩効性のミューテック
 残りは吸収の良いアンモニア態
 細胞分裂等に必要なPを重点配合

葉身中の窒素レベルの微調整に 信頼の液肥群

【The クラシック ・ Kビルダー ・ フェロメック】

適性窒素レベルを維持して炭水化物収支を最適化、
同時に魅力的な葉色と高いパッティングクオリティを実現

土壌に合わせた最適な更新作業で、土と芝の若返りを!

【コアマスター 12】
【マレード V-コアラ―】
【GRADEN バーチカッター】

土壌有機物の除去に

ミネラルの大量投与で、窒素暴発が起きにくい土壌に改造

【ニュートリDG DG Kal-tec】
CECが高く塩基飽和度が低い土壌には春~梅雨にCa・Mg・Kを大量投与、
塩基飽和度を上げて、アンモニウムイオンの吸着を減らします