ベントグリーンを夏越しさせる9つのSTEP ~ 『STEP 1』

STEP 1 【早春】

「春の一山」:発根の促進と窒素による地上部刺激

● 温度の上昇とともに、まず根が活動しはじめたが、葉にはまだ温度が低いという、春の初めの状態です。

気象・芝・土壌の状態

・ 根の適温に入り、葉身のP・Kが上昇開始、白根も発生
・ まだ地上部には低温、光合成や葉の伸びは少ない
・ 窒素を多めに与えても、葉の過剰生長は起こりにくい
・ 貯蔵養分は高く、呼吸消費はまだ少ない
・ 冬の間に土壌には有機物が貯まっていることが多い

管理目標=ベントを動かし、春の本格生長に備える

春の本格生長に迅速に移行するためには、根の活性と光合成を高め、土壌の問題も改善しなければなりませんが、次の課題があります。
・体内の光合成関連要素や、細胞分裂に必要な要素が、冬の間に減ってしまっていることがある
・根は動き出したばかりでまだ本調子ではなく、特に吸収にエネルギーを必要とするリン・鉄などは不足気味
・まだ光合成能力が低く、炭水化物生産は少ない
・地上部の生長や代謝はまだ鈍く、施肥などの刺激への反応も薄い
・冬の間に土壌状態が悪化しているのに気付かないことがある
(有機物蓄積、通気・透水低下、ドライスポット、塩基飽和度の低下)

管理作業のポイント

施肥の刺激でベントを動かし、貯蔵養分を使って発根や光合成をアップ、細胞分裂に必須な要素も補い、
可能な限り早く春の本格生長に入るよう、スタートダッシュを切ることが、この時期のポイントになります。

【ポイント1】 「春の一山」=多量要素(N・P・K)を充分に与え、ベントを動かす
・土壌と葉身のNPKのレベルを確認し、粒状肥料と液肥で補給する
・粒状肥料で土壌にしっかりNPKを補充、施肥のベースラインを作る
・液肥で吸収の良い窒素やリンを与え、葉身中のレベルを確保する
・アミノ酸などのサプリメント類で代謝を促進し、生長を刺激する

【ポイント2】 N以外の光合成関連成分も補い、光合成をアップ
・窒素に加え、Mg・Fe・微量要素などの光合成関連要素を、吸収の良い形で与える

【ポイント3】 リンで根の生長や細胞分裂を促す
・細胞分裂に必要なリンを充分に与える
 (低温期は亜リン酸、温度が上がってきたら粒状肥料)

【ポイント4】 土壌環境を改善する
・土壌分析を行ない、この時期にも可能な対策を取る;
 有機物が多い場合
  → 低温型サッチ分解剤
 土壌撥水性がある
  → 強力な浸透剤での早めの改善
 塩基飽和度が低い場合
  → ミネラル類(Ca・Mg・K)の土壌への大量投与で、窒素暴発しにくい土壌に改善

【葉身分析のポイント】
・葉が暴れにくいのでNは高め(4~5.5%)
・Mg・微量要素も確保して光合成を引き上げる
・Pは可能な限り早く0.45%以上まで引き上げる
・フルクタンは一時的に目標値(25mg)を割っても、その後反発すればOKとする。

この時期のおすすめ資材・機材

【グリーン用粒状肥料 ニュートリDG DGハイP・DGベース】
 粒肥で土壌のNPKを確保してベースラインを作り、芝草の立ち上がりに備える

【尿素含有液肥 The クラシック、フェロメック】
 葉面から窒素を補給して生長を刺激、光合成と葉色の向上

【Foltec The ZEN、アミノレスキュー、ユニレイト】
 アミノ酸・有機酸・糖で代謝を刺激、吸収の良い微量要素で光合成向上

【亜リン酸液肥 TKOフォスファイト】
 吸収の良い亜リン酸液肥でリンを補給、根の生長を促す

【グリーン用低温型サッチ分解剤 分解くんCF-1】
 冬にたまった有機物を分解、透水性や通気性を向上

【土壌浸透剤 TILWA】
 強力な効果と長期の残効で、温度が上がる前にドライスポットを治癒

早春の粒状肥料による施肥に分散性粒状肥料 ニュートリDG

【DGベース】
窒素のベースラインを作り、大量に必要な栄要素を土壌に補給

成分:18- 9- 18+Mn 0.14%
窒素成分は 60%がミューテックで
緩効性と即効性とのバランスに優れ
多くの場面で効果的に使用可能

低温期の代謝を補い、ベントを活性化するサプリメント剤

Foltec The ZEN ・ アミノレスキュー

【Foltec The ZEN】
微量要素やサイトカイニンが光合成をアップ

【アミノレスキュー】
アミノ酸・有機酸・糖で炭水化物代謝を補助

早春の根の生育促進に 亜リン酸液肥

【TKOフォスファイト】
根の活性の低い低温期にも吸収の良い亜リン酸を使いやすく調合

・リンの全量が、効果の高い亜リン酸
・水溶性が高く、吸収が良い
・根量の増大
・緑色の改善・アントシアン抑制
・0-29-26 の高カリウム配合
・使いやすいpH5~5.5で、酸性・中性・
 アルカリ性の資材との混合が可能
・高濃度少水量散布にも適合

強力な効き目が長続き 早春の処理に

【土壌浸透剤 TILWA】
早春~梅雨の処理で撥水性を解消、高温期のドライスポットから守る

・極めて高い効果
 (撥水性改善・土壌水分均一化)
・通常4ヶ月程度、最大半年以上の
 長期残効
・低温期の使用で、梅雨~夏までを
 カバー
・春の本格生育をサポート
・5月以降の高温ダメージを回避

※TILWA=高機能性土壌浸透剤の
 草分け、そして、今もベストの浸透剤