ベントグリーン管理とおすすめ資材〈7月〉

九州~東海の西日本地方では平年より3週間も早い梅雨入りでしたが、北陸や関東甲信地方では平年よりやや遅い梅雨入りとなりました。梅雨入りこそ東西で1ヶ月の開きがありましたが、ここまでは雨も多くなく本番前の様相でしたが、7月を前に本格的な梅雨空となってきました。

ベントグラス管理の目標

6月と同様、「貯蔵養分フルクタンの含有量及び根圏の活性を保持しながら、夏のストレスへの備えを進める」が管理の目標となります。

ベントグラス管理の注意点

本格的な梅雨空となり、ベントグラスの貯蔵養分
(フルクタン)の減少(消費)が加速します。

・土壌中のサッチ分解由来の窒素が水に溶け、吸収しやすくなる
 ⇒葉身中の窒素増加
・葉身中の窒素増加は、フルクタンの消費を刺激します
・フルクタン消費の増加と低日射で、軟弱徒長が助長される
 ⇒刈草量の増加
 ⇒刈草量の増加と、光合成の低下・呼吸の増大
  (=炭水化物の欠乏)、フルクタンが減少。

炭水化物の欠乏・土壌物理性の悪化に伴い、根の活性が低下します。
・フルクタンの減少
 ⇒根の活性回復を遅らせる
・サッチの増加(透水性の低下)と降雨による土壌過湿(土壌酸欠)
 ⇒根の活性低下を促進

根の活性低下でカリウムの吸収が低下し(体内のカリウム不足)、ストレスに弱くなります。

低日射と雨で芝が軟弱化し、病気にかかり易くなります。

ベントグラス管理のポイントとおすすめ資材

貯蔵養分フルクタンの減少を抑え、本格的な夏に向けてフルクタン含量を維持します。
・葉身中の窒素含量は5%を超えないように
 ⇒必要に応じて緩効性液肥クラシック
・ミネラル成分の施用で、葉身中の窒素/ミネラル比を低くする(N/K比は2.0以下)
 ⇒TKOフォスファイト、ニュートリDG Kプラス、シェイプアップ、リキッドカルシウム等の施用で
  葉身中のミネラル含量(特にリン・カリウム)を高める。
・抑制剤をうまく利用して、刈草量の増加を抑える
 ⇒グリーンフィールド

※弊社葉身分析の結果より
 
 
▲クリックするとPDFが開きます。


根の活性低下を抑え、肥料成分や水分の吸収力を保持します。
・根の活性を高める資材の施用
 ⇒ルートアクト、マイナーズ
・土壌の物理性(透水・通気)を改善
 ⇒適切な更新作業・目土(PCドレーン工法等)
・ドライスポットの改善、過剰な水分の排出
 ⇒トーナメントレディ
・葉身中のカリウム含量を高く(窒素/カリウム比を低く)して根への転流を確保

葉身中のリン・カリウム・マグネシウム含量を高め、低日照による光合成の低下を抑えます。
TKOフォスファイト、ニュートリDG Kプラス、シェイプアップ

藻類や病害対策は予防を基本とします。
TG殺菌剤プログラムの活用(黄化斑対策にも→コラム参照
・ピシウム剤は数種類の殺菌剤をローテーション使用(炭疽剤はピシウム剤との混用処理)




お問い合わせは、お近くの支店・営業所まで
東洋グリーン株式会社
・東京支店  TEL.03-3249-7735
・名古屋支店 TEL.052-505-3611
・大阪支店  TEL.078-903-6776
・九州支店  TEL.0942-43-7234
・沖縄営業所 TEL.098-840-7616